RADIO CONTROL MODELS

ようこそ、KYOSHO ONLINEへ

1/8スケール ラジオコントロール 21エンジン 4WDレーシングバギー インファーノ MP9 TKI4 スペックA 33007
税別: ¥105,000 税込: ¥113,400

No : 33007

JAN : 4548565322039

発売月 : 2017年2月

1/8スケール ラジオコントロール 21エンジン 4WDレーシングバギー インファーノ MP9 TKI4 スペックA 33007

もっと見る

元世界王者にして開発責任者の金井祐一氏が全車最終チェック!
即日ビッグレースに参戦可能な半完成の組立て済みキット

金井祐一氏のトライ&エラーによるブラッシュアップと長期間にわたる熟成を経て進化を遂げたインファーノMP9 TKI4に、組立て済みのシャシーキット『スペックA』が登場! 従来モデルのTKI3で定評のあった速さをさらに極めるべく、前後サスペンションを細部にわたって見直すことでコーナーでの安定感向上とよりシャープな操舵特性を実現したTKI4。昨今のレースで大きなセッティング要素となっている空力性能も、新デザインを採用したボディ&リアウイングによってコーナリング性能やトラクション性能を高次元で両立することに成功しています。また、実戦で大きな武器となるメンテナンス性や耐久性、さらにはマシンの信頼性を高めるための変更が各部で行われていることも特筆すべきポイント。しかも、この『スペックA』は専門知識をもった熟練スタッフによる工場半完成品であり、ビッグボアダンパーやギヤデフなどのノウハウを要する難しい部分も組立て済み。出荷前に金井祐一氏が全車最終チェックを行う万全の態勢を採用しており、即レースに参戦可能なハイスペックな仕上がりとなっていることから、上級者はもとより、今から1/8GPバギーに挑戦したいという人にも自信をもってお勧めできる1台です。

<購入後、お客様に行っていただく作業>
●サーボ、受信機などメカ類の搭載とリンケージ
●ボディ塗装&デカール貼り
(ボディは工場にてカット済み。ただし、エンジンヘッドと排気部分は搭載するエンジンによって位置が異なるため未カットのまま)。
●タイヤとインナーを別途購入してホイールに接着。
●エンジン、クラッチ周り、マニホールド、マフラーを搭載。ハイピング、リンケージおよびエアクリーナー組立て&取り付け。
●ウイングの組立て&取り付け。

Differential デフの組み立て・チェックポイント

デフの性能を維持するには徹底したシーリングを行う必要がある。まずはシャフト部にグリスをまんべんなく塗布して油膜切れを抑制。

デフケースに取り付ける4×4mmのセットビスもシーリング材を塗布して締め込む。ビスの締め込み量も金井氏のチェック項目のひとつ。

デフケース内にオイル(フロントとセンターは#5000、リアは#3000)を充填。すべてのデフは重量で管理し、品質の均一化が図られる。

スパーギヤにクリーナーを吹き付けて油分を脱脂。パッキンにもシーリング材をまんべんなく塗布してオイル漏れを抑制する。

デフケースにスパーギヤを取り付けたら動作具合を触診にて確認。もちろん、フロント、センター、リアのすべてのデフをチェック。

触診による動作チェックで問題がなければ、はみ出したシーリング材をブラシで除去。これでデフの組み立ては完了!

Shock ショックの組み立て・チェックポイント

オイルはフロントに#600、リアに#500を、ピストンはギャップの走破性を高めるためにTKI4で新たに採用されたφ1.5×5穴を使用。

ショックケースにピストンを取り付けたダンパーシャフトを挿入後、オイルを充填。シャフトを上下させた後、気泡がなくなるまで待つ。

ダイヤフラムにオイルを少量塗布してダンパーキャップ取り付け時の変形を防止。「この作業がショック組み立て時のキモ」とは金井氏。

ダンパーキャップを取り付けた後、ダンパーシャフトを上下させてスムーズに動作することが確認できればショックの組み立ては完了。

Geometry ジオメトリーのチェックポイント

実際にエンジンとメカを搭載して適正な車高とアライメントに調整を行った後、前後ダンパー、前後アッパーアーム、タイロッドの各寸法を計測。出荷するすべてのマシンは、この時に計測した寸法に合わせて組み立てが行われている。

「SPEC Aは徹底した管理のもとに組み立て・セッティングを行っており、その内容も“最新のワークス仕様”というのが最大の魅力。だから、メカとエンジンを搭載すれば即レース参戦も可能なんです。ぜひ、その高いパフォーマンスを体感してください!」

熟練の組立てスタッフが組上げたシャシーを金井祐一氏が自ら1台ごとにチェック。組立て方法はもちろん、実際にメカやエンジンを仮組みして細かい部分にまで目を光らせる。

回頭性、旋回性、トラクション性能などレースシーンで求められるすべて要素を高次元でバランスしたカット済のクリアボディが付属。

TKI3から2mmのロング化とリブの追加で強度アップを図ったフロントサスアームは路面追従性とコーナリング性の向上を両立。

標準装備されるビッグボアダンパーに使用されるピストンは、ギャップの走破性を高めるためにφ1.5×5穴が新たに採用されている。

フロントはユニバーサルシャフトやタイロッドも長さを延長。併せて、タイロッドのボールエンドも強化タイプにアップグレード。

ジャンプ時の安定感を高める縦方向の2本のフィンを追加した新型ウイングはリアグリップを高めるガーニーフラップの脱着も可能に。

台座となる部分の面積を増やしてウイングを確実に固定することで、ウイングの破損や変形を抑制する新形状のウイングステーを採用。

新規金型で成形したエアクリーナーホルダーと燃料フィルターホルダーによって燃料パイプの破断や無用なエンジントラブルを回避。

従来のホイールはディッシュ面がフラット形状だったのに対して、TKI4ではテーパーを付けることで強度アップを図っている。

テクニカルデータ
■全長
490mm
■全幅
307mm
■全高
180mm
■グランドクリアランス
28mm
■ホイールベース
325mm (リアハブカラーの位置変更により4種)
■トレッド(F/R)
254mm (ブッシュ交換によりリア3種、フロント2種変更可能)
■タイヤ(F/R)
別売
■ギヤレシオ
11.7:1
■全備重量
約2,950g
■エンジン
21クラス (別売)
キット内容
<キット内容>
●MP9 TKI4シャシー組立て済みキット一式
●専用ホイール
●カット済みクリアボディ
●ウイング
●燃料チューブ
●リンケージ用パーツ
●ロゴデカール
走行までに必要なもの
<走行までに必要なもの>
●各社カー用2ch2サーボプロポセット
●各社21エンジン
●マフラー&マニホールド
●1/8バギー用タイヤ&インナー
●燃料
●燃料ポンプ
●プラグヒーター
●スターターボックス
●プロポ指定の電池
●エアクリーナー用オイル(No.96176 HGエアクリーナーオイルを推奨)
●ボディ塗装用塗料