RADIO CONTROL MODELS

ようこそ、KYOSHO ONLINEへ

ミニッツレーサースポーツ2 MR-03シリーズ ランボルギーニ イオタ SVR レッド レディセット 32242R
税別: ¥19,500 税込: ¥21,060

No : 32242R

JAN : 4548565322688

発売月 : 2017年6月

ミニッツレーサースポーツ2 MR-03シリーズ ランボルギーニ イオタ SVR レッド レディセット 32242R

もっと見る

受信機基板を大幅アップグレード!スポーツシャシーが2世代目へ進化

ミニッツのレースシーンで活躍して来たMR-03シャシーをベースに、より幅広いユーザー層へ手軽に楽しんでもらえるように、とのコンセプトで2013年に登場した「ミニッツレーサースポーツMR-03」レディセット。その初代モデルが、コンセプトはそのままにアップグレード。最も大きなトピックは、新設計のスポーツ2専用R/Cユニットの搭載です。ミニッツAWDスポーツで装着可能になったジャイロユニット(MZW431)が搭載可能になりました。車体に装備されたボリュームを調整することでジャイロの効きを調整できます。また、ジャイロ装着を考慮したステアリング動作環境を再設計し、従来モデルよりもきめ細かいステアリング制御を実現しています。そして、別売のKT-432PT送信機と組み合わせて使用することで、ジャイロの効きを車体のボリューム位置に関係なく送信機から設定可能になります。さらに、KT-432PT使用時にはステアリングの保持力も送信機から設定可能。この2つの機能を最大限に活かせば、好みのステアフィールに仕上げることができます。熟成されたMR-03シャシーに一新されたR/Cユニットを搭載したミニッツスポーツ2をご体験ください。



●パーフェックスKT-19送信機を採用。ステアリングの舵量増減等の各種セットが可能。
●ディスプレイモデル並みの仕上げにより、飾る歓びも満たす工場完成ボディ。
●ミニッツレーサーの全ボディが装着可能。※装着ボディに対応するモーターケースやデフギヤアッセンブリーが別途必要です。
●サスペンションのストロークに応じて最適なキャンバー変化を引き出す独創的なフロントサスペンション「VCS」を採用。
●ビス2本で脱着できるスプリングストッパーで、フロントサスペンションのコイルスプリング交換も簡単。
●豊富に用意されているMR-03シャシー用パーツが装着可能。
●オプションのジャイロユニット(MZW431)が装着可能。車体に装備されたボリュームでジャイロの効きを調整できます。
●KT-19送信機専用設計ですので、従来のKT-18送信機/EX-5UR ASF 送信機(No.82011)との互換性はありません。

MR-03シャシーにスポーツ2専用のRCユニットを装備。全ボディに対応し、高い走行性能と気軽さを両立。

新設計のFHS 2.4GHzパーフェックスKT-19送信機を採用。オプションのライトユニットをセッティングできるトリムを装備。

ライトユニットの他に専用のジャイロユニット(MZW431)を搭載可能。ボリュームを回すことで効きを調整可能。

フロントのロア&アッパープレートとステアリングタイロッドの交換で、ナロー、ワイド両トレッドに変更可能。もちろん今まで通りに、車種に合わせたホイールベース変更も可能。※変更にはオプションパーツが必要です。

テクニカルデータ

■全長
124~133mm(MMシャシー:125~133mm、RMシャシー:124~132mm)
■全幅
65~76mm
■全高
34~35mm
■ホイールベース
86~106mm(86、90、94、98、102、106)
■トレッド(F/R)
(ワイド)61.5mm / 59mm (ナロー)56.5mm / 56.5mm 〔ホイールオフセットが0の場合〕
■タイヤ(F/R)
23.5~25×8.5mm / 25~27×8.5~11mm
■ギヤレシオ
7.3、6.3、5.5、4.9:1
■全備重量
約135g
■モーター
130クラス

キット内容
< レディセット内容 >
●工場完成シャシー
●塗装・マーキング工場完成プラスティックボディ
●パーフェックスKT-19 2.4GHz送信機
●フロントトレッド変更用パーツ一式
●調整用フロントサススペーサー
●6T・7T・8T・9Tピニオンギヤ
●ホイールレンチ
●ピニオンはずし工具
●予備ホイールナット
●タイヤ・ホイール付属
走行までに必要なもの
< 走行に必要なもの >
●走行用単4アルカリまたはニッケル水素電池4本
●送信機用単4アルカリ電池4本

 

The trademarks, copyrights and design rights in and associated with Lamborghini, Lamborghini with Bull and Shield Device and the following Lamborghini vehicle Miura Jota SVR are used under license from Automobili Lamborghini S.p.A., Italy