RADIO CONTROL MODELS

ようこそ、KYOSHO ONLINEへ

/ULTIMA RB7 image

1/10 電動オフロードカー2WDクラスの世界で熟成されたコンペティションモデル「アルティマRB7」

ELECTRIC POWERED 2WD RACING BUGGY KIT

アルティマRB7は1/10 電動オフロードカー2WDクラスの世界選手権や全日本選手権で勝利することを目的に開発された純粋な競技用マシン。プロポシステムやモーター、バッテリー、タイヤ等は付属しない上級者向けの組立キットです。

ULTIMA RB7 image
×
ULTIMA RB7 movie banner
ULTIMA RB7 side chassis image
ULTIMA RB7 side body image

CHASSIS

メインシャシーはRB6.6と同様に軽量と高剛性を両立するA7075 T6材を採用しているが、板厚を0.5mm薄くしたことでさらなる軽量化を行うとともに、フライス加工による肉抜き形状を見直してシャシー剛性の適正化が図られている。

ULTIMA RB7 chassis image
ULTIMA RB7 chassis image
ULTIMA RB7 chassis image
ULTIMA RB7 chassis image

Wheelbase
RB6.6に比べて4mmのショートホイールベース化を実施し、ハイスピードコーナリングに対応。

Gear Box
ギヤボックスはカーペット、人工芝、固く締まった土などのハイグリップ路面で最高のパフォーマンスを発揮する超低重心のローダウンミッドシップ(3ギヤ)専用設計。既存パーツを別途購入すればリヤモーター、ミッドシップ(3ギヤ)、ミッドシップ(4ギヤ)の各ギヤボックスへの換装も可能で、走行シチュエーションに適したセッティングも自由自在。

ULTIMA RB7 chassis gear box
Gear Box
ギヤボックスはカーペット、人工芝、固く締まった土などのハイグリップ路面で最高のパフォーマンスを発揮する超低重心のローダウンミッドシップ専用設計。既存パーツを別途購入すればリヤモーター、ミッドシップ(3ギヤ)、ミッドシップ(4ギヤ)の各ギヤボックスへの換装も可能で、走行シチュエーションに適したセッティングも自由自在。
iULTIMA RB7 shocks

Big Bore Shocks
ビッグボアダンパーはRB6.6と同様ながら、ダンパーキャップをアルミ製から樹脂製に変更してジャンプ着地時やギャップ走行時の安定感を向上。ダンパーピストンも各セクションでオールマイティな走行特性となるようフロントφ1.6mm×2穴、リヤφ1.7mm×2穴を採用。加えて、厚みが異なる2種類のダンパースプリングホルダーが付属し、より広範なセッティングが可能。

Front Suspension Arm
フロントサスアームは、より深いダンパーストロークを確保することでトラクションをかせぐことができる新型のガルウイングタイプを採用。

ULTIMA RB7 front sus
Front Suspension Arm
フロントサスアームは、より深いダンパーストロークを確保することでトラクションをかせぐことができる新型のガルウイングタイプを採用。
ULTIMA RB7 knukcle

Front Hub Carrier & Steering Knuckle
コーナリングスピードのさらなる向上を図るべく、新型のステアリングナックルでアッカーマン比を最適化。ブッシュによるハブキャリアのキャスター角変更機能(±0°/+2°/+4°)をはじめ、スチール製ワンピースホイールシャフト、ハードタイプボールエンド、クロモリ製アジャスタブルタイロッドなど、RB6.6で定評がある部分はそのまま継承。

ULTIMA RB7 image
ULTIMA RB7 rear sus

Rear Suspension Arm & Universal Joint
フロントと同様にガルウイングタイプを採用するリヤサスアームは形状こそRB6.6と同じだが、サスシャフト穴部をブッシュ化してアーム長が変更可能な構造に見直し。ユニバーサルシャフトも近年のハイパワー化に対する信頼性を確保するため、ジョイント部分にピンの抜け止めリングを追加。

Aluminum Rear Suspension Mount Holder
RB6.6では樹脂製だったリヤサスマウントホルダーはアルミ製に変更して強度をアップ。ブッシュの交換でサスシャフト間の距離(リヤトー角)の変更が可能。

ULTIMA RB7 rear sus holder
Aluminum Rear suspension Mount Holder
RB6.6では樹脂製だったリヤサスマウントホルダーはアルミ製に変更して強度をアップ。ブッシュの交換でサスシャフト間の距離(リヤトー角)の変更が可能。
ULTIMA RB7 body

Body
無駄な空気の流れを抑制して確実なトラクションとステアリング反応が得られるような形状に一新された完全新設計のエアロボディ。

Narrow Cabin
リアウイングとの一体感をもたせたセンターフィン、ナロー化されたキャビン、フロントウィンドウの角度変更など、細部にわたる見直しによって安定感も格段にアップ。

black_bg
ULTIMA RB7 body
ULTIMA RB6.6 body
Narrow Cabin
完全新設計のエアロボディはセンターに設けたフィン、ナロー化されたキャビン、フロントウィンドウの角度変更など、細部にわたる見直しによって安定感が格段にアップ。
ULTIMA RB7 wing

Rear Wing
トラクション性能のアップを実現した新型のリヤウイングは、1.0mm厚を採用して耐久性にも配慮。その取り付け方法も従来のフックピン式からビス式にすることでガタのない確実な固定を可能とし、安定したトラクション性能を確保。

ULTIMA RB7 image